EI

NEWS&COLUMN

「人の役割・できること」を、知ろう。 〜人間が悪いからでは始まらない、ポジティブな人間の関わり〜

環境問題と向き合い、エコロジカルな社会を構築する上で避けては通れないのが、「人間=悪・収奪者」や、「自然vs.人間」といった二元論です。人間でなくても生物は、何らかの資源をや生命を獲得し、また自らのために環境を改変します。時には人間以上の勢いで繁殖し、あっという間に資源を枯渇させる生物もあります。
しかし、他の生物も同じだという論理で、人間が生物資源・非生物資源を無思考に使って良いというわけではありません。本プログラムでは、生物学的・生態学的に考える「バランス」を議論しながら、知能ある生物として「主体的に選択・関与できる、”生態系にとってポジティブな役割”があるのでは?」を皆さんと考えます。

  • 生態系
  • 関わりのデザイン
  • エネルギー循環
  • 加工分解者
  • 運搬者
  • 人口増加

プログラム・タイプ

オンライン・セミナー(メンバーのみ、動画視聴可能)

開催日時

メンバーにのみ通知

参加可能人数

500人

開催場所

オンライン

備考・補足

「EBD(エコロジカル・ビジネス・デザイン)プログラム」を導入している企業の方は、無料で参加・視聴できますのでお問い合わせください。

一覧に戻る

実は知らない、消費生活の裏側。 〜その行動の裏にある、隠れた環境インパクトを考える〜

エコロジカル・インテリジェンス(生態学的知性)を身につけていく上で最も大切なことは、「身の回りの物事を、生態学的に捉え直す」ことです。皆さんの日常生活において「当たり前」となっている行動・活動が、どのように環境や生態系と接点を持ち、インパクトを与えるかを考え、調べる・観察することが第一歩となります。
本プログラムでは、いくつかの事例をもとに、人の行動の生物的環境・非生物的環境へのインパクトや相互作用を理解し、「今すぐ、誰でも、変えられること」を探っていきます。

  • 環境インパクト
  • 消費生活
  • 生物的環境
  • 非生物的環境
  • 資源
  • 日常生活

プログラム・タイプ

オンライン・ワークショップ(メンバーのみ参加可能)

開催日時

メンバーにのみ通知

参加可能人数

500人

開催場所

オンライン

備考・補足

「EBD(エコロジカル・ビジネス・デザイン)プログラム」を導入している企業の方は、無料で参加・視聴できますのでお問い合わせください。

一覧に戻る

「エコではないエコ」を考える。〜既成概念に支配されない、生物・生態学的なアプローチ〜

世の中には「これは、エコ!」と標榜する製品やサービスが溢れています。近年では「エコい」という言葉もあるほど、ストローから化粧品、シューズなどの消費財から、交通機関の利用に至るまで、選択を変える=エコ・コンシャスな人も増えています。
この「エコ」は”環境に優しい、環境負荷が低い”を意味している汎用句です。しかし、皆さんが選んでいる「エコ」は、本当にエコロジカル(生態学的)でしょうか?その選択された製品やサービスがどのような素材で作られ、どのようなインパクトを環境や生態系に及ぼしているかまで、知ることはできるのでしょうか?
本プログラムでは、エコという言葉が与える思考停止や思い込み=「エコ・ファディズム」の存在を明らかにしながら、本当のエコを生み出し、選べる人になるには?を皆さんと一緒に考えます。

  • 環境問題
  • 循環社会
  • エコファディズム
  • 生態学的アプローチ
  • エコロジカル
  • プロダクトデザイン
  • サービスデザイン

プログラム・タイプ

オンライン・ワークショップ(メンバーのみ参加可能)

開催日時

メンバーにのみ通知

参加可能人数

500人

開催場所

オンライン

備考・補足

「EBD(エコロジカル・ビジネス・デザイン)プログラム」を導入している企業の方は、無料で参加・視聴できますのでお問い合わせください。

一覧に戻る