EI

NEWS&COLUMN

「エコではないエコ」を考える。〜既成概念に支配されない、生物・生態学的なアプローチ〜

世の中には「これは、エコ!」と標榜する製品やサービスが溢れています。近年では「エコい」という言葉もあるほど、ストローから化粧品、シューズなどの消費財から、交通機関の利用に至るまで、選択を変える=エコ・コンシャスな人も増えています。
この「エコ」は”環境に優しい、環境負荷が低い”を意味している汎用句です。しかし、皆さんが選んでいる「エコ」は、本当にエコロジカル(生態学的)でしょうか?その選択された製品やサービスがどのような素材で作られ、どのようなインパクトを環境や生態系に及ぼしているかまで、知ることはできるのでしょうか?
本プログラムでは、エコという言葉が与える思考停止や思い込み=「エコ・ファディズム」の存在を明らかにしながら、本当のエコを生み出し、選べる人になるには?を皆さんと一緒に考えます。

  • 環境問題
  • 循環社会
  • エコファディズム
  • 生態学的アプローチ
  • エコロジカル
  • プロダクトデザイン
  • サービスデザイン

プログラム・タイプ

オンライン・ワークショップ(メンバーのみ参加可能)

開催日時

メンバーにのみ通知

参加可能人数

500人

開催場所

オンライン

備考・補足

「EBD(エコロジカル・ビジネス・デザイン)プログラム」を導入している企業の方は、無料で参加・視聴できますのでお問い合わせください。

一覧に戻る